ページ内にプロモーションが含まれる場合がありますが、コンテンツ内容は独自調査を元に掲載しております。

インクラインダンベルプレスは、大胸筋の上部を集中的に鍛えることで知られていますが、どのような効果があるのでしょうか。
今回の記事では、インクラインダンベルプレスの持つ多彩な効果やメリット、鍛えられる筋肉群について詳しく解説します。
インクラインダンベルプレスの効果について気になっている方は、参考にしてみてください。

この記事で分かること
  • インクラインダンベルプレスの効果
  • 鍛えられる筋肉
  • 効果を引き出す方法


インクラインダンベルプレスの効果

インクラインダンベルプレスは、大胸筋の上部を集中的に鍛えることができる筋トレ種目です。
このトレーニングで、期待できる効果やメリットについてご紹介します。

 

大胸筋の上部が鍛えられる

大胸筋の上部が鍛えられる
インクラインダンベルプレスは、上半身を斜めにした状態で行うトレーニングなので、大胸筋上部をメインで鍛えられます。
通常のダンベルプレスや腕立て伏せでは鍛えられないため、胸板のサイズアップやバランスを整えるのに最適です。

 

三角筋や上腕三頭筋も同時に鍛えられる

三角筋や上腕三頭筋も同時に鍛えられる
インクラインダンベルプレスを行うことで、大胸筋の上部だけでなく、三角筋前部や上腕三頭筋などの補助筋肉も同時に鍛えられます。
胸のボリュームを増やしつつ、肩のラインを美しく作り上げることが可能です。
これらの筋肉が鍛えられるのと、日常生活での持ち上げる動作や押し出す動作が楽になります。

 

トレーニングによる身体へのポジティブな変化

トレーニングによる身体へのポジティブな変化
インクラインダンベルプレスは、身体にさまざまなポジティブな影響をもたらします。
筋力の向上、体脂肪の減少、姿勢の改善、エネルギーレベルの向上などが具体的な変化点です。
そのため、定期的なトレーニングは、健康を維持し、生活の質を向上させるために不可欠と言えます。

 

インクラインダンベルプレスで鍛えられる筋肉の解説

インクラインダンベルプレスで鍛えられる筋肉の解説
インクラインダンベルプレスのメインターゲットは、大胸筋の上部で、美しい胸のラインを作り出すのに役立ちます。

 

大胸筋を中心とした筋肉群

大胸筋を中心とした筋肉群
インクラインダンベルプレスは、大胸筋の上部を特に鍛える効果的なトレーニングになります。
大胸筋上部は、胸の形状やボリュームに影響を与え、美しい胸のラインを作り出すのに重要な筋肉です。
通常のベンチプレスやダンベルプレスでは鍛えにくいため、インクラインダンベルプレスは大胸筋全体のバランスを整えるのに、重要な役割を果たします。
また、肩甲骨の動きを促進し、肩関節の安定性を高める効果もあります。

 

肩と腕の補助筋肉

肩と腕の補助筋肉

三角筋(上部)

肩の上部を形成し、肩甲骨の動きを制御している三角筋を鍛えることで、肩幅を広げ、上半身の美しいV字ラインを作り出すことが可能です。
インクラインダンベルプレスでは、三角筋の上部が特に関与します。

 

僧帽筋

肩甲骨の動きをサポートし、姿勢を維持します。
インクラインダンベルプレス中のフォームを安定させるためにも関与している筋肉です。
僧帽筋は、背中全体の発達や引き締めのメリットもあります。

 

上腕三頭筋

上腕三頭筋は、腕を伸ばす際に使われる筋肉です。
インクラインダンベルプレスでは、腕を伸ばしたり曲げたりする時に、ダンベルのバランスを制御します。
腕の中で一番大きな筋肉である上腕三頭筋を鍛えることは、腕の後ろ側にボリュームを与え、引き締めやバランスを整えるために効果的です。

 

インクラインダンベルプレスの効果を最大限に引き出す方法

インクラインダンベルプレスの効果を最大限に引き出す方法
正しいフォームと適切な重量選択により、インクラインダンベルプレスの効果やメリットを最大限に引き出すことができます。

 

正しいフォームの維持

インクラインダンベルプレスを行う際には、背中をベンチにしっかりとつけ、肩甲骨を寄せることが重要です。
これにより大胸筋に集中的な負荷をかけることができ、効果的なトレーニングが可能になります。
肩甲骨を寄せないでトレーニングを行うと、肩関節を痛める原因にもなるため注意が必要です。
また、ダンベルを持ち上げるときは胸の上部で合わせるようにします。

 

適切な重量と回数

適切な重量と回数
インクラインダンベルプレスを効果的に行うためには、適切な重量と回数の設定が大切です。
重すぎる重量は、フォーム乱れて怪我の原因になり、軽すぎると十分な刺激が得られません。
1セットあたり8〜10回で限界になるような重量を見つけて、フォームを崩さずにトレーニングを行いましょう。
自分の限界を理解することで、効率よくトレーニングできます。

 

インクラインダンベルプレスの効果を実感できる時期

インクラインダンベルプレスの効果を実感できる時期
初心者は、正しいフォームを身につけることから始め、徐々に重量を増やしていくことで、筋肉の成長を感じることができます。
定期的な運動習慣を身につけ、トレーニングを継続することで、徐々に効果を感じることができます。

 

約2週間から1ヶ月後

筋肉の強度や持久力が向上し、トレーニングの効果を実感できるようになります。
胸のボリュームや形状にも変化が現れ始める時期です。

 

約2ヶ月から3ヶ月後

この時期になると、他人からも変化が見られることが多いです。
大胸筋の発達や肩のラインの美しさが際立つようになります。

 

継続的なトレーニングを行っている場合

長期的にトレーニングを継続することで、さらなる効果を感じることができます。
筋肉の増加や体脂肪の減少、姿勢の改善など、様々な変化が現れるでしょう。

 

インクラインダンベルプレスの間違ったやり方

インクラインダンベルプレスの間違ったやり方
効果を高めるために、多くの初心者が陥りがちな間違ったやり方を解消し、より効率的なトレーニングを行いましょう。

 

重すぎるダンベルでトレーニング

重すぎるダンベルでトレーニング
多くの初心者は、重い重量を使えば使うほど効果を早く実感すると考えがちですが、これは間違いです。
特にインクラインダンベルプレスでは、適切なダンベル重量で、正しいフォームを維持することが最も重要なポイント。
怪我のリスクを減らしつつ、効率的に鍛えて筋肉の成長を促進させましょう。

 

毎日インクラインダンベルプレスを行う

毎日インクラインダンベルプレスを行う
重すぎるダンベルと同様に、毎日同じトレーニングで追い込むやり方も、効率が悪くなってしまい逆効果です。
鍛えた筋肉は、48〜72時間程度の時間をかけて、損傷した筋繊維を修復し、成長していきます。
毎日同じ筋肉を鍛えてしまうと、超回復を行うことができないので、超回復の間は他の筋肉部位を鍛えて、バランスよくトレーニングしましょう。

 

 

プロテインを摂取してインクラインダンベルプレスの効果を最大限に

 

プロテインは、筋肉の構成要素であるアミノ酸を豊富に含んでいます。
特にインクラインダンベルプレスを行った後の筋肉は、傷ついた筋線維を修復しようとするため、多くのアミノ酸が必要です。
筋トレ前後にプロテインを摂取することで、筋肉合成が促進され効果的なトレーニングを実施できます。

 

インクラインダンベルプレスの正しい知識と、プロテインの摂取タイミングを知ることで、より理想の身体に近づけられるでしょう。
マイプロテインなら定期的に大規模なセールを行っているため、トレーニングの目的に合わせた最適なプロテインを見つけられます。
自分の目的や身体の状態に合わせて、プロテインの摂取がおすすめです。

 

D-ONLINE

監修:D-ONLINE(筋トレYouTuber)

高校生の頃から筋トレに目覚め、ジムには通わずに自宅で身体を鍛え上げ、家で出来るトレーニング『家トレ』を研究。現在は、育児や仕事に専念しつつ、筋トレに関する情報や記事の監修に力を入れています。記事に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。

 

筋トレのことならLYB-Fit