ページ内にプロモーションが含まれる場合がありますが、コンテンツ内容は独自調査を元に掲載しております。

筋トレを行う方の中には、夜の仕事終わりや朝起きてからなど、人によって様々です。

今回は、時間帯別に筋トレがもたらすメリットとデメリット、注意点について解説します。

あなたのライフスタイルに合った、トレーニングやダイエットのタイミングを見つけるためのヒントになれば幸いです。

この記事で分かること
  • トレーニングを行うベストな時間
  • 筋トレに効果的な朝と夜の時間帯の選び方


時間帯による筋トレの効果を比較解説

朝と夜、どちらの時間帯に筋トレやダイエットを行うべきなのでしょうか?

それぞれの効果を簡単に比較してみましょう。

朝はストレッチから始めて目覚めを促す

朝の筋トレは目覚めを促す

朝に筋トレやエクササイズを行うと、血行が良くなり体温が上昇するので、心身の目覚めに最適です。

一日の始まりにストレッチと活動的な動きを取り入れると、集中力や生産性が高まり、日中の活動にポジティブな影響を与えられます。


夜のトレーニングは睡眠を深める

夜の筋トレは睡眠を深める

夜に筋トレをすると、体は適度な疲労感を感じ、リラックス状態に導かれます。

これにより、深い睡眠を促し、筋肉の回復と成長に必要な休息を得ることができます。


トレーニングやダイエットに最適な時間帯はいつ?|両方のメリット・デメリットを分けて解説

筋トレのベストな時間帯を見つける

筋トレの効果を最大限に引き出すためには、自分の生活リズムに合わせた時間帯を意識することが重要です。

朝の清々しい空気の中でのトレーニングは、一日の活動にエネルギーを与え、夜のトレーニングは睡眠の質を高め、リラックス効果をもたらします。

トレーニングの目的、朝と夜のメリット・デメリットの両方を確認して、最適な時間帯を選びましょう。


朝に行うメリット

朝の筋トレのメリット
目覚めを促す体温の上昇

朝の筋トレは体温を上げ、目覚めを促すために効果的です。

トレーニングで体が温まると血流が良くなり、一日を通して活動的に過ごせるようになります。

朝の成長ホルモンと超回復

朝に筋トレをすると、成長ホルモンの分泌を促し、筋肉の成長や修復に役立ちます。

これにより、一日中超回復の効果を得られるので、筋肉は効率的に成長し、疲労の回復も早まります。

朝の運動がもたらす睡眠の質の向上

朝の運動で身体を動かすと、夜の睡眠の質を向上させ、深い睡眠につきやすくなり、筋肉の回復にもつながります。

朝の筋トレで活力アップ

朝の筋トレは、一日のエネルギーレベルを高めます。

活力あるスタートを切ることで、日中のパフォーマンスが向上し、仕事やプライベートでの効率がアップするでしょう。


朝に行うデメリット

  • 体が動きにくい
  • 朝は体温が低く筋肉が冷えているため、体が動きにくくなっています。

    これにより、怪我のリスクが高まる可能性があるので注意が必要です。


  • 低血糖状態
  • 長時間の睡眠後は、血糖値が低下していることが多く、特に食事を摂る前の筋トレは、エネルギー不足を感じやすくなります。


  • ウォーミングアップに時間がかかる
  • 体が冷えているため、筋トレを始める前に十分なウォーミングアップを行う必要があり、全体のトレーニングに要する時間が長くなることがあります。


夜に行うメリット

夜の筋トレのメリット
夜の体温はパフォーマンスを最大化

夜は体温が自然と高くなるため、筋トレのパフォーマンスが向上します。

筋肉が温まっている状態でトレーニングを行うことで、怪我のリスクを減らし、効率的なトレーニングが可能です。

成長ホルモンの夜間分泌と筋トレ

夜の筋トレは、睡眠中の成長ホルモンの分泌を促進します。

これにより、筋肉の成長と修復が促され、翌日以降の筋肉痛の軽減にもつながります。

夜の静けさで集中力アップ

夜は周囲が静かになり、集中してトレーニングに取り組めます。

日中の忙しさから解放され、自分だけの時間を有効に使えるため、楽しみながらトレーニングに励めるでしょう。

睡眠前の運動はより深い休息へ

夜間の筋トレにより、適度な疲労感を感じると深く質の高い睡眠を促し、翌日への疲労回復を助けます。

夜のリラックスタイムに筋トレでストレス解消

一日の終わりに筋トレを行うことで、ストレスを発散し、リラックスした状態で一日を締めくくることができます。

適度な運動は心地よい疲れとなり、睡眠の質を高めるためにも効果的です。


夜に行うデメリット

  • 急なスケジュール変更
  • 夜は予定が入りやすく、仕事が長引いたり、急な飲み会や食事会が入ったりすることで、筋トレの時間が確保できなくなる可能性があります。


  • 一日の疲れが溜まっている
  • 日中の活動による疲労が蓄積されており、夜には筋トレを行うのがつらくなることがあります。

    疲れていると正しいフォームでトレーニングを行いづらく、怪我のリスクも高まりやすいです。


  • 睡眠の質に影響
  • 激しい筋トレは交感神経を活発にし、体温を上昇させるため、寝つきが悪くなる場合があります。

    特に就寝前の筋トレは、睡眠の質に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。


筋トレの時間帯・タイミングは何を基準に選べばいい?

筋トレのタイミングは、個々の生活スタイルや目的によって異なります。

自分の生活リズムや好みに合わせて、最も効果的なトレーニング時間を見つけましょう。


朝の筋トレがおすすめな方

朝の筋トレを選ぶべき人

朝の時間に余裕があり、一日をエネルギッシュに過ごしたい人には、朝の筋トレがおすすめです。

朝の光を浴びながらのトレーニングは、一日を通しての活力につながります。


夜・寝る前の筋トレがおすすめな方

夜の筋トレを選ぶべき人

夜に集中力が高まり、リラックスしてトレーニングに取り組みたい人には、夜や寝る前の時間帯での筋トレが適しています。

日中の忙しさを忘れ、自分だけの時間を有効に活用できます。


食事後の運動には注意が必要

食事後の筋トレについては、メリットと注意点があります。

このタイミングの筋トレは、体内に栄養がある状態でトレーニングができ、集中力が続くという点がメリットです。

また、食事で摂取したエネルギーや栄養を効率よく使うことができ、筋肉の成長を速めたり、ダイエットにも効果的だとされています。

しかし、食後すぐに筋トレをすると、消化器官に負荷がかかり、消化不良を起こす可能性があるため、軽食であれば30分程度、一般的な食事であれば2時間ほど空けてから筋トレをすることが推奨されています。


筋トレは朝と夜どっちでもOK!自分のライフスタイルに合わせてメニューを組もう

筋トレは、朝でも夜でもそれぞれメリットがあります。

一概にどちらが良いとは言い切れないので、自分のライフスタイルに合わせたメニューを組み、トレーニングやダイエットを行うのかベストです。

自分の好きな時間に身体を鍛えたい方は、chocozap 好きな時間帯に筋トレできるchocozapがおすすめです。

chocozap(チョコザップ)は、月額3,278円で 24時間365日通い放題なので、筋トレの時間帯が不規則な人でも、朝活や仕事終わりなど、スキマ時間を利用して好きなタイミングで通えます。

また、筋トレだけでなくエステや脱毛など運動と美容が揃ったコンビニジムです。

チョコザップの詳細は、公式サイトをチェック!
chocozapの公式サイト

chocozapの公式サイト

トレーニングやエクササイズで効果を得るためには、継続することが大切なので、生活習慣に取り入れやすい時間帯を選びましょう。

D-ONLINE

監修:D-ONLINE(筋トレYouTuber)

高校生の頃から筋トレに目覚め、ジムには通わずに自宅で身体を鍛え上げ、家で出来るトレーニング『家トレ』を研究。現在は、育児や仕事に専念しつつ、筋トレに関する情報や記事の監修に力を入れています。記事に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。

LYB-Fitで理想の身体づくり